コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシモス Maximos

2件 の用語解説(マクシモスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マクシモス【Maximos】

580ころ‐662
ビザンティン期のキリスト教神学者。〈証聖者〉(ギリシア語Homologētēs,ラテン語Confessor)と称される。キリスト単意論と闘い,殉教ともいうべき悲惨な死をとげた。貴族の家柄に生まれ,皇帝ヘラクレイオス1世の秘書となったが,615年ころ修道生活に転じた。640年ころから,当時政治的な理由で行われていたキリスト単意論の弾劾にたずさわり,645年にカルタゴで前コンスタンティノープル総主教ピュロスPyrrhosと論争を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクシモス
まくしもす
Maximus Confessor
(580ころ―662)

7世紀最大のキリスト教神学者、神秘家。コンスタンティノープルに生まれ、修道者となった。教皇マルティヌス1世Martinus (在位649~653)と協力して、当時の異端説キリスト単意説と戦った。単意説は、コンスタンティノープル総主教セルギウスSergius (在位610~638)が国家権力の支持を得て主唱したものであるが、結局はカルケドン公会議によって正統教義とされた、神人両性論を骨抜きにする単性説の一種であった。649年マクシモスの尽力により、ラテラン教会会議は単意説を排斥した。この論争との関係から653年彼は皇帝コンスタンス2世Konstans (在位641~668)によって追放され、拷問(ごうもん)のすえ追放の地で殉教した。[百瀬文晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクシモスの関連キーワードビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツパンティングビザンチン式ビザンチン文化ビザンツ式黄色のキリスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクシモスの関連情報