マクストフ・カメラ(読み)まくすとふかめら(英語表記)Makstov camera

日本大百科全書(ニッポニカ)「マクストフ・カメラ」の解説

マクストフ・カメラ
まくすとふかめら
Makstov camera

広角カメラ(広角望遠鏡)の一種。おもに天体望遠鏡として使用される。1940年代初め、ソ連(当時)のマクストフDmitrii Dmitrievich Makustov(1896―1964)が考案した。シュミット・カメラの補正鏡のかわりにメニスカスレンズ(片面が凸面、反対面が凹面のレンズ)を用い、球面の主鏡と組み合わせたカメラ。このカメラの球面収差補正能力はシュミット・カメラよりやや劣るが、メニスカスレンズを用いるためシュミット・カメラに比べて製作が容易という利点がある。

[大脇直明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android