コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクダイアミッド マクダイアミッドMacDiarmid, Alan G.

2件 の用語解説(マクダイアミッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクダイアミッド
マクダイアミッド
MacDiarmid, Alan G.

[生]1927.4.14. ニュージーランドマスタートン
[没]2007.2.7. アメリカ合衆国,ペンシルバニア,ドレクセルヒル
ニュージーランド出身のアメリカ合衆国の化学者。ニュージーランド大学を卒業後アメリカに渡り,ウィスコンシン大学イギリスケンブリッジ大学で化学博士号を取得。 1955年にペンシルバニア大学に勤務し,のち教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクダイアミッド
まくだいあみっど
Alan G. MacDiarmid
(1927―2007)

アメリカの化学者。ニュージーランドのマスタートーン生まれる。ビクトリア大学化学科の研究室でアルバイトをしながら同大学を卒業。1953年にウィスコンシン大学で、また1955年にはケンブリッジ大学で博士号を取得。1956年ペンシルベニア大学の准教授、1964年に同大学教授に就任する。
 1973年、電気伝導性をもつ新しい素材硫化窒素(SN)Xの研究を始める。1976年に東京工業大学の白川英樹が研究していた新しい性質をもつポリアセチレン(CH)Xを知り、すぐに白川を研究室に招き入れ、ペンシルベニア大学物理学教授A・ヒーガーも加えた共同研究を開始する。1977年、ポリアセチレンに臭素を添加することで金属のような電気伝導性が生じることを発見した。この電気伝導性プラスチックは、金属に比べて軽く加工性に優れるうえに、原材料コストも安いことから、実用性のある新しい素材であり、プラスチック電池、半導体ポリマーなど幅広い分野での応用に発展した。この業績により、白川、ヒーガーとともに2000年のノーベル化学賞を受賞した。その後は、電気伝導性ポリマーとしてポリアニリンを用いて研究を続けた。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マクダイアミッドの関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクダイアミッドの関連情報