コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグウェ Magwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグウェ
Magwe

ミャンマー中西部,マグウェ管区の行政中心地。エイヤーワディ川東岸に位置し,対岸のミンブーとともに内陸水運の重要河港。付近で生産されるナンキンマメ,ゴマ,綿花などの集積地で,搾油工場,製材工場などがある。人口1万 3970 (1983) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マグウェ(Magwe)

ミャンマー中部の都市。マグウェ管区の行政中心地。イラワジ川沿いに位置し、河港をもつ。周辺は農業が盛んで、米、ゴマ、トウモロコシなどを産し、集散地となっている。小高い丘の上にミャッタルンパゴダという仏塔があり、マグウェのシンボルとして知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マグウェ
まぐうぇ
Magwe

ミャンマー(ビルマ)中部のマグウェ管区の中心都市。イラワディ川中流左岸にある。人口8万4600(2003推計)。中部ビルマ乾燥地帯南縁にあり、ペグー山脈から西流しイラワディ川に注ぐイン川下流の灌漑(かんがい)農業地域を後背地とする。米、トウモロコシ、ゴマ、豆類、綿花の取引が行われる。河港があり、道路が北のエナンジャウンと東のタウンドゥンギーに通じる。エナンジャウンや対岸のミンブーは原油採掘で有名。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マグウェの関連キーワードサレー・ウー・ポンニャマグウェー[管区]イェーナンジャウンサガイン[管区]ウー・オーバータエナンジャウンミャンマーウー・ラッタエミョーパコックチャウ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android