コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグウェ マグウェ Magwe

3件 の用語解説(マグウェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグウェ
マグウェ
Magwe

ミャンマー中西部,マグウェ管区の行政中心地。イラワジ川東岸に位置し,対岸のミンブーとともに内陸水運の重要河港。付近で生産されるナンキンマメ,ゴマ,綿花などの集積地で,搾油工場,製材工場などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マグウェ(Magwe)

ミャンマー中部の都市。マグウェ管区の行政中心地。イラワジ川沿いに位置し、河港をもつ。周辺は農業が盛んで、米、ゴマ、トウモロコシなどを産し、集散地となっている。小高い丘の上にミャッタルンパゴダという仏塔があり、マグウェのシンボルとして知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マグウェ
まぐうぇ
Magwe

ミャンマー(ビルマ)中部のマグウェ管区の中心都市。イラワディ川中流左岸にある。人口8万4600(2003推計)。中部ビルマ乾燥地帯南縁にあり、ペグー山脈から西流しイラワディ川に注ぐイン川下流の灌漑(かんがい)農業地域を後背地とする。米、トウモロコシ、ゴマ、豆類、綿花の取引が行われる。河港があり、道路が北のエナンジャウンと東のタウンドゥンギーに通じる。エナンジャウンや対岸のミンブーは原油採掘で有名。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグウェの関連キーワードカレン族ミャンマーНарьян-Мар日清マグうどんニャンウーマーケットテナッセリム[管区]ミャンマーのサイクロン被害在日ミャンマー人サガイン[管区]マグウェー[管区]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マグウェの関連情報