コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシス マシス Massis, Henri

3件 の用語解説(マシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マシス
マシス
Massis, Henri

[生]1886.3.21. パリ
[没]1970.4.17. パリ
フランスの評論家。筆名 Agathon。パリ大学文学部および国立装飾美術学校に学ぶ。雑誌『オピニオン』の編集事務長 (1911~14) として「今日の若者たち」と題する調査を行い注目を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マシス【Henri Massis】

1886‐1970
フランスの批評家。モーラスの影響下に精神形成を遂げ,1911年,アルフレッド・ド・タルドとともにアガトンAgathonの筆名で行ったアンケート《新ソルボンヌ精神》の峻烈な科学主義批判で一躍有名となった。第1次大戦後,ジッドをはじめとする同時代の文学者をカトリック的倫理主義の立場からなで切りにした《審判》2巻(1923,24)によって批評家としてのユニークな地位を確立する。第2次大戦中の政治的態度のため戦後一時沈黙を余儀なくされたが,60年アカデミー・フランセーズ会員に推挙された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マシス
ましす
Henri Massis
(1886―1970)

フランスの批評家、カトリック思想家。20世紀初期にはAgathonの筆名で『新ソルボンヌの精神』や『現代の若ものたち』(ともに1911)を発表して注目を集め、ついで『審判』2巻(1923)や『西洋の防衛』(1927)を著して文壇・論壇で活躍したが、その批評眼の底にはトマス主義に拠(よ)る熱烈な信仰心があった。またモーラスに誘われてアクシオン・フランセーズの政治運動に参加し、愛国思想を鼓舞した。第二次世界大戦中ビシー政府に加担したため、戦後しばらく沈黙を守ったが、1960年フランス・アカデミー会員に推される。著書にはこのほか『モーラスと現代』(1951)、『バレスとわれわれ』(1962)などがある。[西村嘉彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マシスの関連キーワードカプアーナチボーデサイードクルティウスサントブーブボーボワールボワローラスクフランスポーランデュランティ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マシスの関連情報