コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタンサス マタンサスMatanzas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタンサス
Matanzas

キューバ北西部の都市。首都ハバナの東約 90km,フロリダ海峡に開口するマタンサス湾の湾奥に位置する港湾都市。 1693年スペイン人によって建設され,1860年までにはキューバ第2の都市に成長したが,その後東部での砂糖産業の発展に押され,成長の勢いが弱まった。「キューバのアテネ」として知られる文芸活動の中心地で,各種の文芸施設があり,多くの学者や芸術家が市で活動した。現在キューバの主要港の一つで,おもに砂糖,ヘネケン (繊維原料) を積出す。またレーヨン,ロープ,製靴,肥料,マッチなどの工業がある。市内には 17世紀のサンセベリノ要塞,18世紀の聖カルロス大聖堂など古い建築物が残っている。ハバナと鉄道,道路で連絡。人口 11万 6037 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マタンサス

キューバ中西部の港湾都市。ハバナ東方約100km,マタンサス湾に臨み,砂糖を輸出するほか,化学工業,機械製造業などがある。当市のさらに東40kmにキューバ随一の海浜リゾート,バラデロ海岸があり,開発が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マタンサス【Matanzas】

キューバの中西部にある同名州の州都。人口12万3843(1994)。1693年に建設された町であるが,大西洋岸に良港をもち,それ以前からこの海域の海賊の根拠地として知られていた。現在は砂糖を輸出するほか,化学工業(硫酸製造など),機械製造業,タバコ工業などが発達している。考古学博物館があり,近くにベヤマールBellamar鍾乳洞がある。【山本 徹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マタンサス
またんさす
Matanzas

西インド諸島、キューバの北西岸の港湾都市。マタンサス州の州都。ハバナの東85キロメートルに位置する。人口13万5624(1999)。同国の代表的な農業地域を後背地にもつ砂糖の積出し港である。北東25キロメートルにバラデロ海岸があり、革命前は大財閥デュポンの別荘が象徴するアメリカ人の海浜リゾートであった。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マタンサスの関連キーワードシウダードグアヤナダネル レイバディーゴプラードヘインプラド

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android