コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダン マダン Madang

3件 の用語解説(マダンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダン
マダン
Madang

パプアニューギニアニューギニア島北東岸の都市。ドイツ統治時代に首都だったことがある。第2次世界大戦後,ハイランド地方との空輸により同地方の輸出入港であったが,ラエからのハイランド国道開通 (1960年代末) によりその地位をラエに奪われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マダン(Madang)

パプアニューギニア、ニューギニア島北東岸の都市。ビスマーク海に面する。港湾を有し、コプラ、木材の積出港になっている。ドイツ領ニューギニア時代初期に支配拠点が置かれたが、のちにラバウルに移転。旧称フリードリヒウィルヘルムハーフェン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダン
まだん
Madang

パプア・ニューギニア、ニューギニア島北岸の都市。人口2万7394(2000)。マダン州(人口36万5106、2000)の行政中心地。港は同国の主要港の一つで、コプラココア、木材などを輸出する。近くのゴゴル地区などの林業開発に伴って、製材工場日系企業チップ工場が進出している。ハイランド国道開通以前の1960年代前半まで、高地地方との航空輸送の拠点であった。ドイツ領ニューギニア時代初期に行政中心地であったことがある。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダンの関連キーワードダルーニューギニア島パプア諸語パプアニューギニアポートモレスビーポポンデッタニューギニアパプアパプア亜区パプア・ニューギニア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マダンの関連情報