コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチャド・イ・ルイス マチャド・イ・ルイスMachado y Ruiz, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチャド・イ・ルイス
Machado y Ruiz, Antonio

[生]1875.7.26. セビリア
[没]1939.2.22. コリュール
スペインの詩人。 M.マチャド・イ・ルイスの弟。「1898年の世代」の一人で,初期の近代派風の詩集『孤愁』 Soledades (1903) に始り,『カスティリアの野』 Campos de Castilla (12) ,『新しい歌』 Nuevas canciones (24) では,自然を自己の心象としてとらえ,厳粛で思索的な詩風を築いた。内乱に際しては共和政府を支持,バレンシア,バルセロナに逃れ,のちフランスに亡命。

マチャド・イ・ルイス
Machado y Ruiz, Manuel

[生]1874
[没]1947
スペインの詩人。 A.マチャド・イ・ルイスの兄で近代派の一人。代表的な詩集は高踏派あるいは民謡の影響のみられる『魂』 Alma (1900) ,『カンテ・ホンド』 Cante jondo (16) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マチャド・イ・ルイスの関連キーワードスペイン文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android