コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッカリ・ゴーサーラ Makkhali Gosāla

世界大百科事典 第2版の解説

マッカリ・ゴーサーラ【Makkhali Gosāla】

古代インドの自由思想家(仏教の側でいう〈六師外道〉)の一人。前5世紀ころ,仏教興起当時のガンガー(ガンジス)川中流域で活躍した。生没年不詳。漢訳仏典では末伽梨瞿舎梨と音訳される。苦行主義のアージービカ教徒の論者で,ジャイナ教マハービーラといっしょに修行したとされる。彼によれば,生けるものは霊魂,地,水,火,風,虚空,得,失,苦,楽,生,死という12の要素を実体としている。そして,自己の意志によることなく,また互いにいっさい影響しあうことなく,初めに決定されたとおりに,840万大劫という測り知れない期間輪廻しつづけて,〈巻糸が投げられると,解きほぐされて糸が尽きてしまうように〉(《沙門果経》),苦しみの終滅に向かうと説いたとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマッカリ・ゴーサーラの言及

【アージービカ教】より

…仏陀の時代に仏教,ジャイナ教と並ぶほど有力だった裸形托鉢教団の宗教。六師外道の一人であるマッカリ・ゴーサーラを主導者とする。〈アージービカ〉という名称は,他教団からの貶称として用いられる時には,〈生活の糧を得るために修行する者〉の意となり,漢訳仏典では〈邪命外道〉と訳されている。…

※「マッカリ・ゴーサーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッカリ・ゴーサーラの関連キーワード無因論

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android