マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ プランク(英語表記)Max Karl Ernst Ludwig Planck

20世紀西洋人名事典の解説

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ プランク
Max Karl Ernst Ludwig Planck


1858.4.23 - 1947.10.4
ドイツの物理学者。
元・ベルリン大学長,元・カイザー・ウィルヘルム協会会長。
キール生まれ。
別名Max Kal Ernst Ludwig Plank。
ミュンヘン大、ベルリン大で数学、物理を学ぶ。1885年キール大助教授となり、以後1889年ベルリン大物理学助教授、1892年同教授を歴任。1912年プロイセン科学アカデミー常任理事、翌’13年にはベルリン大学長。’30年カイザー・ウィルヘルム協会会長(のちマックス・プランク研究所と改名)となり、ドイツ科学の興隆のため中心的存在として活躍。熱力学への関心から新しい量子論を展開し、アインシュタイン等を経て現代の核物理学への道を開いた。1900年「プランクの定数」「プランクの公式」を発見。’18年ノーベル物理学賞を受賞。著書「熱力学講義」(1897年)、「理論物理学入門」(1916〜30年)。他に宗教論等の著作多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android