コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キール キール Keill, John

16件 の用語解説(キールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キール
キール
Keill, John

[生]1671.12.1. エディンバラ
[没]1721.8.31. オックスフォード
イギリス物理学者,数学者。エディンバラ大学でデービッド・グレゴリーのもとに学び,その後,師とともにオックスフォードに移る。1700年にロイヤル・ソサエティ会員となり,1712年にオックスフォード大学天文学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

キール
キール
Kiel

ドイツ北部,シュレースウィヒホルシュタイン州の州都。北海=バルト海運河 (キール運河) のバルト海側の入口にあたる重要港湾都市。バルト海西部のキールフィヨルドの湾奥に 10世紀初め成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

キール
キール
keel

船の竜骨。船体の中心線に沿って船底を船首から船尾まで貫通する部材。船体縦強度を分担し,人体の背骨に相当する。平板キール方形キール,箱形キールなどの種類がある。最も多く用いられる平板キールは,船底外板より厚い鋼板で,中心線桁板,中心線内底板と組合わさってガーダ (縦桁) を形づくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キール(keel)

船の竜骨(りゅうこつ)。

キール(Kiel)

ドイツ北部、バルト海に面する港湾都市。シュレースウィヒホルシュタイン州の州都。北海に至るキール運河が通じる。造船・機械・電子機器などの工業も盛ん。中世以来ハンザ都市として繁栄。旧軍港で、1918年に起こった反乱がドイツ革命の口火を切った。

キール(〈フランス〉kir)

クレーム‐ド‐カシス白ワインで割ったカクテル。多く、食前酒とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キール

竜骨とも。船体の底部中央を船首から船尾まで縦通し,底部脊柱の役目を果たす最も重要な部材。方形キール,平板キールがあるが,大型船は船台,ドック内での安定のためすべて平板キールを用いる。
→関連項目カナディアン・カヌー喫水船台トリム(船舶)ヨット

キール

ドイツ,シュレスウィヒ・ホルシュタイン州の州都。キール湾奥の港湾都市,軍港,遠洋漁業根拠地。造船・機械・繊維工業行われるキール大学(1665年創立)がある。

キール

白ワインがベースの中甘口のカクテル。よく冷やした辛口の白ワイン4に対してクレーム・ド・カシス1を加え,軽くかきまぜる。白ワインを多めにしてもよい。赤く澄んだ色が美しく,食前酒として人気がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ダイビング用語集の解説

キール

フィンのブレードの両サイドの固い部分。(=サイドリブ)

出典|ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キール【Kiel】

ドイツ北部,シュレスウィヒ・ホルシュタイン州の州都。人口24万7000(1995)。ユトランド半島のバルト海側のつけ根に位置し,湾口水深40mのキール湾に面し,北海とバルト海を結ぶキール運河も有する港湾都市であり,造船業を中心とする工業・商業都市でもある。地理上の有利さから早くから商業都市として発展,1242年に都市権を得,84年にはハンザ同盟の一員となった。1665年にはキール大学も創立された。この間さまざまな公・伯の居地となったが,1773年デンマーク王国に編入,1866年にはプロイセン領となった。

キール【keel】

船底の船体中心線位置において船首から船尾まで縦通し,船首材,船尾材と結合される部材。船体の背骨に相当するもので竜骨とも呼ばれる。船体構成上の基本部材であるとともに縦強度を支持する構造部材の一つである。キールには方形キールbar keelと平板キールflat plate keelがある。方形キールは船底から突き出た長方形断面の部材であり,構造が簡単で,海底接触の場合に船底を保護し,さらに横揺れを減らし,横流れを防ぐ効果があるので,木船,強化プラスチック船などの小型船に使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キール【keel】

船の竜骨。

キール【kir】

食前酒の一。辛口の白ワインにカシスを混ぜたもの。

キール【Kiel】

ドイツ北部の港湾都市。北海とバルト海とを結ぶキール(北海-バルト海)運河の東側の入り口に位置し、造船・水産加工業などが発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

キール【Kir】


カクテルの一種。ワイングラスに白ワイン、クレーム・ド・カシスを注ぎステアする。ショートドリンク。1945年、フランスブルゴーニュ地方、ディジョンの市長キャノン・フェリックス・キールが考案したレシピ。同市特産のブルゴーニュ・アリゴテという白ワインの宣伝のためのレセプションで食前酒としてふるまわれたのが始まり。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキールの言及

【竜骨突起】より

…鳥類の胸骨下面からその正中線に沿って垂直に突き出た突起で,胸峰carinaともいう。この突起は,胸筋(翼を動かす大型の筋肉)の付着面として役だっている。したがって,胸筋のよく発達した,羽ばたきの強い鳥では竜骨突起は大きく(とくに深さが深い),飛翔(ひしよう)力の退化した鳥では小さいか退化している。たとえば,走鳥類(ダチョウの仲間)の胸骨は下面が平らで,竜骨突起といえるものがない。いっぽう,竜骨突起がよく発達している鳥は,スズメ目の大部分,アマツバメ目,ハト目,キジ目などである。…

※「キール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キールの関連キーワードホルシュタインシュレースウィヒホルシュタインフーズムメルンシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭シュレスウィヒシュレスウィヒ・ホルシュタイン問題シュレスウィヒ・ホルシュタインスリースウィー問題シュレスウィヒ重輓馬 (Schleswig Heavy Draft)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キールの関連情報