コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカサトカゲ マツカサトカゲ Trachydosaurus rugosus; stump-tailed skink

2件 の用語解説(マツカサトカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカサトカゲ
マツカサトカゲ
Trachydosaurus rugosus; stump-tailed skink

トカゲ目トカゲ科。体長 45cm内外。体は太く,全身大きな鱗におおわれ,その様子が松かさを思わせるのでその名がある。尾は太く短く,先端も丸く,一見頭と同じようにみえる。四肢は短くて小さい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツカサトカゲ
まつかさとかげ
stump-tailed skinkdouble-headed skink
[学]Trachydosaurus rugosus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目スキンク科のトカゲ。切断したような短い尾をもつ種で、オーストラリア南部・東部に分布し、半砂漠や荒れた乾燥地に生息する。全長25~30センチメートル、尾はその5分の1ほどと短く扁平(へんぺい)で、あたかも両端が頭のようにみえる。四肢が短く、各指も小さくてほぼ同大。行動は鈍いが、和名のように全身を松かさ状に重なった大きな堅い体鱗で覆われているため、猛禽(もうきん)類やヘビのような天敵も歯がたたない。とくに背中の鱗(うろこ)の角質中には多くの堅い骨質の結節がある。また特有の自衛行動として、敵に対すると、口を開き鮮やかな青色の舌を突き出して脅す。これは近縁種のアオジタトカゲTiliqua scincoidesにもみられ、歯がたたない堅い体鱗の持ち主であることを、天敵に知らせる警告信号とも考えられる。餌(えさ)はカタツムリ、ミミズ、昆虫のほか、果実や花などの植物質である。卵胎生で、雌親の半分ほどの大きな子を1~3頭産む。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツカサトカゲの関連キーワード青蜥蜴足無蜥蜴大蜥蜴蜥蜴色毒蜥蜴ヒトカゲトカゲのすむしまやい トカゲドクトカゲ(毒蜥蜴)ニホントカゲ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone