コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マテチャ Ilex paraguaiensis; Mate; Yerba Mate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マテチャ
Ilex paraguaiensis; Mate; Yerba Mate

モチノキ科の常緑低木で,南アメリカ原産。パラグアイチャの別名もあるように,パラグアイアルゼンチン,ブラジル西南部など南アメリカ大陸内陸部に産する。樹高3~4mでよく分枝し,長さ4~10cmの倒卵形の葉を互生する。葉は縁に低くあらい鋸歯があり,やや厚い革質,上面は暗緑色で下面は淡緑色である。若枝の葉腋に小さな白花を密につける。花は4弁で径4~6mm,平開する。果実は球形で径 5mmほど,熟すと赤褐色になる。葉にはカフェインとタンニンを含み,チャ (茶) の葉に似る。現地ではこの葉を乾燥して茶と同様の飲料とする。マテの名は現地名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マテチャ【maté】

ブラジル南部からアルゼンチンの北東部の山地原産のモチノキ科の常緑樹。マテ,パラグアイチャノキともいう。葉を熱気で乾燥し,砕いて茶(マテ茶)とする。南アメリカで古くから飲用され,茶,コーヒー,ココアに次ぐ嗜好品(しこうひん)であるが,利用は自生地を中心とした南アメリカに限られている。樹高3~15mになる。葉は質厚く,長さ4~10cmの楕円形。花は小さな緑色で,葉腋(ようえき)に咲く。果実は直径5mmで赤褐色に熟す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マテチャ
まてちゃ
[学]Ilex paraguayensis St. Hil.

モチノキ科の常緑高木。高さ3~15メートル。葉は厚く、楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。花は葉腋(ようえき)につき、緑色。果実は径5ミリメートル、球形の液果で、赤褐色に熟す。葉を加工し、マテ茶mat, Paraguay teaをつくる。パラグアイ、ブラジルに自生する。低地で湿度の高い半日陰でよく育つが、高地でも生育できる。一般には野生のものの葉を利用するが、ブラジルではまれに栽培もある。栽培はまず種子を播(ま)いて苗をつくり、これをパラナマツの日陰に定植する。定植後4年目ころから葉を採取できる。葉は天日または火熱で乾燥し、細かく砕いて包葉する。
 マテ茶の飲用は南アメリカでは普及しているが、ヨーロッパやアジアではあまり行われない。[星川清親]

文化史

マテとは本来、ペルーのケチュア語でヒョウタンをさす。これはヒョウタンの器に粉末にしたマテ茶を入れて飲むからで、現在もその方法が主流である。マテ茶の利用は古く、ペルーでは1000年以上前のマテ茶が死者の供物からみいだされている。ブラジルやパラグアイの原住民も白人到来前から嗜好(しこう)品としての飲用のほか、下痢止めや日射病の治療に飲み、粉末を切り傷や腫(は)れ物の薬に使い、歯をじょうぶにするために葉をかみ、樹皮から紫色の染料をとった。飲用するには器の7分目くらい粉末を入れ、そのつど湯か水を注ぎ、膨らんだ先に細かい穴が一面にあいた金属製ストローで飲む。
 葉の成分はタンニン8%、カフェイン2%で、ほかに少量のバニリン、コリン、クエン酸を含む。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マテチャの関連キーワードコンセプシオン(パラグアイ)エンカルナシオンアスンシオンサンタ・フェパラナ州セルバ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android