コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニトゥーリン島 マニトゥーリンとうManitoulin Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニトゥーリン島
マニトゥーリンとう
Manitoulin Island

カナダ,オンタリオ州南部の島。ヒューロン湖北部にあって,ジョージア湾をへだてている。面積 2766km2湖中の島として世界最大。本土とは幅 26kmのノース海峡でへだてられる。木材,酪農,漁業が主産業で夏季保養地としても有名。中心は北東岸のリトルカレント (人口約 1600) で,本土より鉄道と自動車道路が通じている。 1990年インディアンから全島の返還が州政府に要求された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android