マハループ(英語表記)Machlup,Fritz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハループ
Machlup,Fritz

[生]1902.12.15. ウィーン
[没]1983.1.30. ニューヨーク
オーストリア生れのアメリカの経済学者。 1920年代ウィーン大学で F.F.ウィーザーと L.E.ミーゼスに師事。 25年ミーゼスの指導によりウィーン大学で博士号取得。 33年バッファロー大学教授,47年ジョンズ・ホプキンズ大学教授,60年プリンストン大学教授,71年ニューヨーク大学名誉教授。国際収支の均衡に果す所得変動の役割を強調,国際金融システム改革論などで国際金融論に貢献。 R.レスターの批判に対し伝統的な企業の利潤最大化行動仮説を擁護。科学哲学および経済学方法論の分野でも貢献。 67年アメリカ経済学会会長。主著に『国際貿易と国民所得乗数』 International Trade and National Income Multiplier (1943) ,『国際金融システム改革計画』 Plans for Reform of the International Monetary System (62) ,『経済学その他の社会科学の方法論』 Methodology of Economics and Other Social Sciences (78) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android