コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハループ マハループMachlup,Fritz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハループ
Machlup,Fritz

[生]1902.12.15. ウィーン
[没]1983.1.30. ニューヨーク
オーストリア生れのアメリカの経済学者。 1920年代ウィーン大学で F.F.ウィーザーと L.E.ミーゼスに師事。 25年ミーゼスの指導によりウィーン大学で博士号取得。 33年バッファロー大学教授,47年ジョンズ・ホプキンズ大学教授,60年プリンストン大学教授,71年ニューヨーク大学名誉教授。国際収支の均衡に果す所得変動の役割を強調,国際金融システム改革論などで国際金融論に貢献。 R.レスターの批判に対し伝統的な企業の利潤最大化行動仮説を擁護。科学哲学および経済学方法論の分野でも貢献。 67年アメリカ経済学会会長。主著に『国際貿易国民所得乗数』 International Trade and National Income Multiplier (1943) ,『国際金融システム改革計画』 Plans for Reform of the International Monetary System (62) ,『経済学その他の社会科学の方法論』 Methodology of Economics and Other Social Sciences (78) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マハループの関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone