コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハループ Machlup,Fritz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハループ
Machlup,Fritz

[生]1902.12.15. ウィーン
[没]1983.1.30. ニューヨーク
オーストリア生れのアメリカの経済学者。 1920年代ウィーン大学で F.F.ウィーザーと L.E.ミーゼスに師事。 25年ミーゼスの指導によりウィーン大学で博士号取得。 33年バッファロー大学教授,47年ジョンズ・ホプキンズ大学教授,60年プリンストン大学教授,71年ニューヨーク大学名誉教授。国際収支の均衡に果す所得変動の役割を強調,国際金融システム改革論などで国際金融論に貢献。 R.レスターの批判に対し伝統的な企業の利潤最大化行動仮説を擁護。科学哲学および経済学方法論の分野でも貢献。 67年アメリカ経済学会会長。主著に『国際貿易と国民所得乗数』 International Trade and National Income Multiplier (1943) ,『国際金融システム改革計画』 Plans for Reform of the International Monetary System (62) ,『経済学その他の社会科学の方法論』 Methodology of Economics and Other Social Sciences (78) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マハループの関連キーワードコスト=プッシュ・インフレーションオーストリア学派

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android