コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバンサ Mahāvaṁsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーバンサ
Mahāvaṁsa

古代スリランカの史書。『大史』あるいは『大王統史』と訳される。5世紀末の修行僧マハーナーマ Mahānāmaの著作といわれる。仏教がブッダによって開かれてインドでアショーカのときまで発展した歴史と,それがスリランカに伝わって4世紀中頃のマハーセーナ王 (在位 334~362) のときまで展開した歴史を述べる。『ディーパバンサ (島史) 』と同じテーマを扱いながら,異なった多くの伝承に拠って,スリランカ仏教の由来を正した。この書の続編は 13世紀のダンマキッティやその後の人々によって,19世紀初めイギリスに征服されるまでの歴史が書き続けられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マハーバンサ

古代スリランカの仏教史書。《大史》,《大統史》,大王統史などと訳。ダートゥセーナ王(在位460年ころ―478年ころ)のとき,王の叔父マハーナーマが編纂したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マハーバンサ【Mahāvaṃsa】

パーリ語で書かれた古代スリランカの編年史的叙事詩。《大史》《大王統史》と訳される。最初の史詩《ディーパバンサ(島史)》が文学作品としてつたないものであったため,その内容を増補しつつ書き改めたもの。《島史》より約1世紀おくれた5世紀後半あるいは6世紀初めに成立した。スリランカ王ダートゥセーナ(一説では在位460ころ‐478ころ)の叔父マハーナーマ比丘が,王命によって編纂したものという。全37章より成り,最初の5章に仏教成立からアショーカ王時代にいたるインド本土の政治史,仏教史が,第6章以下にスリランカの建国からマハーセーナ王(在位334ころ‐362ころ)の時代にいたるスリランカの政治史,仏教史が記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマハーバンサの言及

【上座部】より

…根本分裂の原因については南・北両伝で大きな相違がある。南伝の《島史(ディーパバンサDīpavaṃsa)》《大史(マハーバンサMahāvaṃsa)》によれば,分裂の原因は十事問題である。十事とは従来の教団の規則(戒律)を緩和した十の除外例であり,この中には〈金銀を蓄えてもよい〉という条項も入っている。…

【上座部】より

…根本分裂の原因については南・北両伝で大きな相違がある。南伝の《島史(ディーパバンサDīpavaṃsa)》《大史(マハーバンサMahāvaṃsa)》によれば,分裂の原因は十事問題である。十事とは従来の教団の規則(戒律)を緩和した十の除外例であり,この中には〈金銀を蓄えてもよい〉という条項も入っている。…

【仏教文学】より

…これは,経蔵中の〈クッダカ・ニカーヤ〉におさめられているが,他のインド文学の作品や《イソップ物語》《千夜一夜物語》にも共通する説話を保有する点で,世界文学史上においても重要な文献である。このほか,叙事詩形式のものとして,スリランカにおける仏教教団の歴史を描いた《ディーパバンサ》《マハーバンサ》をあげることができる。 サンスクリット仏教文学は紀元前後から現れはじめ,内容的には仏伝,讃仏,比喩に大別することができる。…

※「マハーバンサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マハーバンサの関連キーワードシャイシュナーガ朝アヌラーダプラパーリ文学インド文学シンハラ人ランカー上座部釈迦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android