コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヘーンドラバルマン[1世] Mahēndravarman I

世界大百科事典 第2版の解説

マヘーンドラバルマン[1世]【Mahēndravarman I】

?‐625
南インドのパッラバ朝の王。在位600‐625年。政治,芸術,文学の多面で活躍した。クリシュナー川流域まで支配を広げ王朝の権力を強めたが,新興勢力のチャールキヤ朝とぶつかり,その後の両朝の長い抗争の契機をつくった。彼はジャイナ教徒であったが,聖人アッパルの影響によってヒンドゥー教シバ派に改宗した。パッラバ朝の建築様式を代表するマハーバリプラムの石窟がこの王の時代に造営された。【重松 伸司】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マヘーンドラバルマン[1世]の関連キーワード慧灌ウフドの戦いボニファチウス5世ナボポラサル森繁久彌請求権・経済協力協定会社分割と労働契約ハニーズA判咸臨丸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android