コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヘーンドラバルマン[1世] Mahēndravarman I

1件 の用語解説(マヘーンドラバルマン[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マヘーンドラバルマン[1世]【Mahēndravarman I】

?‐625
インドパッラバ朝の王。在位600‐625年。政治,芸術,文学の多面で活躍した。クリシュナー川流域まで支配を広げ王朝の権力を強めたが,新興勢力のチャールキヤ朝とぶつかり,その後の両朝の長い抗争の契機をつくった。彼はジャイナ教徒であったが,聖人アッパルの影響によってヒンドゥー教シバ派に改宗した。パッラバ朝建築様式を代表するマハーバリプラムの石窟がこの王の時代に造営された。【重松 伸司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マヘーンドラバルマン[1世]の関連キーワード慧灌森繁久彌請求権・経済協力協定会社分割と労働契約ハニーズA判咸臨丸三論宗志度寺周期表

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone