コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメガキ

百科事典マイペディアの解説

マメガキ

カキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメガキ
まめがき / 豆柿
[学]Diospyros lotus L.

カキノキ科の落葉高木。葉は楕円(だえん)形で全縁、長さ10センチメートル、幅6センチメートル、有柄で互生し、表面は深緑色、裏面は灰白色。雌雄異株。花は黄白色、壺(つぼ)状で径1.5センチメートル。11月ころ、褐黒色に熟す。果実は圧球形から短紡錘形で、果径1.5センチメートル、甘く、生食のほか、餅(もち)に搗(つ)き込んでも食べる。若い果実をつぶして柿渋(かきしぶ)をとる。耐寒性が強く、実生(みしょう)苗をカキの台木とする。小アジア原産で、別名シナノガキ(信濃柿)といい、君遷子とも書く。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マメガキの関連キーワードシナノガキ(信濃柿)トキワガキ(常磐柿)カキ(柿)シナノガキ常磐柿信濃柿果樹黒柿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android