コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信濃柿 シナノガキ

デジタル大辞泉の解説

しなの‐がき【濃柿】

カキノキ科の落葉高木。果実は小さく、枝にブドウの房のようにつく。未熟のものからをとるため、およびカキの台木とするため栽培され、信越地方から東北にかけて多い。小アジア地方の原産。千生(せんなり)柿。ぶどう柿。豆柿。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しなのがき【信濃柿】

カキノキ科の落葉高木。暖地に自生し、また未熟果から柿渋をとるために、長野県や東北地方で栽植。果実は長楕円形で小さく、食用ともなる。果実が球形のものはマメガキともいう。ブドウガキ。サルガキ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

信濃柿 (シナノガキ)

学名:Diospyros japonica
植物。カキノキ科の落葉高木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

信濃柿の関連キーワードブドウガキマメガキ東北地方長野県食用栽植柿渋球形暖地

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android