コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マユハキタケ Trichocoma paradoxa Jungh.

世界大百科事典 第2版の解説

マユハキタケ【Trichocoma paradoxa Jungh.】

子囊菌類の不整囊菌類のコウジカビ科のキノコ。暖地性の菌で,タブノキの腐朽しかけた樹幹,切口などに発生し,子実体は黄~黄褐色の円筒形で,高さ1~2cmになる。全体の形が化粧用の眉はけに似ているので,この名がある。子実体の胴の部分は菌糸の密な集合体で,先に胞子(子囊胞子)が粉状に固まっている。ジャワ,ボルネオなど熱帯地方に分布しており,日本では関東南部および以南のタブノキを調べるとよくみられる。海岸に近いところに多いようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マユハキタケの関連キーワードマユハキタケ(眉掃茸)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android