コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マユハキタケ Trichocoma paradoxa Jungh.

1件 の用語解説(マユハキタケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マユハキタケ【Trichocoma paradoxa Jungh.】

子囊菌類の不整囊菌類のコウジカビ科のキノコ。暖地性の菌で,タブノキの腐朽しかけた樹幹,切口などに発生し,子実体は黄~黄褐色の円筒形で,高さ1~2cmになる。全体の形が化粧用の眉はけに似ているので,この名がある。子実体の胴の部分は菌糸の密な集合体で,先に胞子(子囊胞子)が粉状に固まっている。ジャワ,ボルネオなど熱帯地方に分布しており,日本では関東南部および以南のタブノキを調べるとよくみられる。海岸に近いところに多いようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マユハキタケの関連キーワード菌類子嚢菌類真菌類藻菌類担子菌類不完全菌類毛黴蠅黴麹黴キノコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone