マリアンヌの生涯(読み)マリアンヌのしょうがい(英語表記)La vie de Marianne

世界大百科事典 第2版の解説

マリアンヌのしょうがい【マリアンヌの生涯 La vie de Marianne】

フランスの劇作家・小説家マリボー未完長編小説既刊第1~11部,1731‐41年刊。幼くして両親をなくしたマリアンヌがパリに出て,好色な老人に誘惑されたり,その甥と恋をするなど,さまざまな運命にもてあそばれるようすが一人称体で語られる。17世紀のロマン・ブルジョア,心理小説,モラリストの文学,ロマン・ピカレスク(悪者小説)の伝統などを踏まえたうえに,恋愛喜劇の名手らしい女性心理の分析がふんだんに盛りこまれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

マリアンヌのしょうがい〔‐のシヤウガイ〕【マリアンヌの生涯】

《原題、〈フランス〉La Vie de Marianneマリボーの長編小説。1731年から1741年にかけて刊行。未完。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android