コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリアンヌの生涯 マリアンヌのしょうがいLa vie de Marianne

世界大百科事典 第2版の解説

マリアンヌのしょうがい【マリアンヌの生涯 La vie de Marianne】

フランスの劇作家・小説家マリボー未完長編小説既刊第1~11部,1731‐41年刊。幼くして両親をなくしたマリアンヌがパリに出て,好色な老人に誘惑されたり,その甥と恋をするなど,さまざまな運命にもてあそばれるようすが一人称体で語られる。17世紀のロマン・ブルジョア,心理小説,モラリストの文学,ロマン・ピカレスク(悪者小説)の伝統などを踏まえたうえに,恋愛喜劇の名手らしい女性心理の分析がふんだんに盛りこまれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

マリアンヌのしょうがい〔‐のシヤウガイ〕【マリアンヌの生涯】

《原題、〈フランス〉La Vie de Marianneマリボーの長編小説。1731年から1741年にかけて刊行。未完。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マリアンヌの生涯の関連キーワード恋愛小説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android