マリア・G. ヨトゥニ(英語表記)Maria Gustava Jotuni

20世紀西洋人名事典の解説

マリア・G. ヨトゥニ
Maria Gustava Jotuni


1880 - 1943
フィンランドの作家。
クオビオ(サヴォ説あり)生まれ。
短編集「関係」(1905年)でデビュー。次作「愛」(’07年)とともに、簡潔で含蓄の深い短文、会話体で社会、家庭の現実的問題の核心をつき、文壇に強い影響を与える。他に悲劇「古い家」(’10年)、喜劇「男の肋骨」(’14年)などの戯曲の傑作もあり、徐々にユーモラスかつ痛烈に人間の脆さを糾弾するようになる。死後刊行された晩年の作品「荒野のクリスマスの夜」(’46年)、「動揺する家」(’63年)などは心理描写に傾いてきていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android