コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリゴケ(毬蘚) マリゴケ

2件 の用語解説(マリゴケ(毬蘚)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリゴケ(毬蘚)
マリゴケ

岸辺の水面近くまたは湖沼の水中に繁茂したコケ類の群叢が水や波の運動によって削り取られ,水底で回転するうちに藻類のマリモと相似状になったものをさす。これを形成するコケ類としてはヤナギゴケイナワシロツボミゴケヒロハノススキゴケなどが知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリゴケ【マリゴケ(毬蘚) moss ball】

特定のコケの種を指すのではなく,種々の原因で多数の個体が球状に集合したコケの総称。猪苗代湖マリゴケが有名で,湖底に群生する蘚類のミズスギゴケ(ヒロハノススキゴケ)Dicranella palustris (Dicks.) Crundw.ex Warb.の植物体がちぎれて,波の運動によって水底で回転してしだいに球状になったもの。まれに大量に発生して岸に打ち上げられる。この湖底の群落は1935年に〈猪苗代湖ミズスギゴケ群落〉として国の天然記念物に指定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマリゴケ(毬蘚)の言及

【猪苗代湖】より

… 強酸性の酸(す)川を支流にもつ長瀬川が流入するため,湖の水はpH4~5と酸性を示し,湖にすむ生物相も限られており,魚類もウグイやフナ程度である。北岸の浅瀬にはミズスギゴケの群落がみられ,水流作用でまり状にかたまる特徴があるので〈マリゴケ〉ともいわれるが,近年は少なくなった。また北岸の白鳥浜や西岸の崎川浜(さつかはま)には冬期間ハクチョウ類が多数渡来する。…

【コケ植物(苔植物)】より

…クサリゴケ科の小さな種は,しばしば常緑樹やシダの葉上に生育するので,葉上苔(ようじようごけ)と呼ばれる。阿寒湖と屈斜路湖のヤナギゴケ,猪苗代湖のヒロハノススキゴケは湖底に生育し,波の運動によって回転してまり状となるのでマリゴケと呼ばれる。
[利用]
 ミズゴケは腐りにくく吸水および保水の能力が著しいので,ランやオモトなどの植込みの材料として用いられる。…

【藻】より

…水中に生えている植物。もともと水生生活をする藻類だけでなく,陸上植物から水生に変わったアマモやキンギョモなどの顕花植物,サンショウモやミズニラなどのシダ植物,マリゴケなどのコケ植物も漠然とまとめて呼ぶ。【堀田 満】。…

※「マリゴケ(毬蘚)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone