コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチン Martin

翻訳|Martin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチン
Martin

スロバキア西部の都市。ブラチスラバの北東約 170kmに位置する。スロバキアの文化的中心の一つをなし,スロバキア民族文化の保存と普及にあたっているマチツァ・スロベンスカー (1863創立) の本部がある。 1918年に,チェコ人とスロバキア人との統一国家形成をうたったマルチン宣言は,この地でなされた。スロバキア民族博物館は特に著名。郊外には伝統的な農村家屋を集めた野外博物館がある。機械産業の一中心地でもある。人口5万 8338 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルチン
まるちん
Rudolf Martin
(1864―1925)

スイスの人類学者。チューリヒに生まれ、チューリヒ大学準教授を経て1905年教授となった。1911年パリに移り、第一次世界大戦後はドイツに住んだ。その後ミュンヘン大学の人類学教授となり、現代自然人類学の基礎をつくった。とくに生体および骨格の計測法と観察法を統一し、データの比較研究を可能とした功績は大きい。1921年出版の『人類学教科書』Lehrbuch der Anthropologieは、自然人類学のバイブルともいわれ、後継者によって改訂が重ねられている。[埴原和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マルチンの関連キーワードクヌーセン(Jacob Christian Knudsen)マルティン(Rudolf Martin)mulching sheetテクストゥス・レセプトゥスマルチン・ベハイムの地球儀ジョセフ・レオ ドゥーブキリスト者の自由についてストーカー(給炭機)ウソリエシビルスコエエコランパディウス乳房(にゅうぼう)ウィッテンベルクスロバキア文学ハレ(ドイツ)アイスレーベンアストロラーベセーデルベルイマルチンゲールイェセンスキーファトラ山地

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルチンの関連情報