コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチン マルチンMartin

翻訳|Martin

2件 の用語解説(マルチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチン
マルチン
Martin

スロバキア西部の都市。ブラチスラバの北東約 170kmに位置する。スロバキアの文化的中心の一つをなし,スロバキア民族文化の保存と普及にあたっているマチツァ・スロベンスカー (1863創立) の本部がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルチン
まるちん
Rudolf Martin
(1864―1925)

スイスの人類学者。チューリヒに生まれ、チューリヒ大学準教授を経て1905年教授となった。1911年パリに移り、第一次世界大戦後はドイツに住んだ。その後ミュンヘン大学の人類学教授となり、現代自然人類学の基礎をつくった。とくに生体および骨格の計測法と観察法を統一し、データ比較研究を可能とした功績は大きい。1921年出版の『人類学教科書』Lehrbuch der Anthropologieは、自然人類学のバイブルともいわれ、後継者によって改訂が重ねられている。[埴原和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルチンの関連情報