マルティン ワルザー(英語表記)Martin Walser

現代外国人名録2012の解説

マルティン ワルザー
Martin Walser


国籍
ドイツ

専門
作家;劇作家

生年月日
1927/3/24

出生地
ドイツ ワッサーブルク(ボーデン湖畔)

学歴
レーゲンスブルク大学卒;テューリンゲン大学卒

学位
哲学博士〔1951年〕

経歴
第二次大戦末期学徒動員され捕虜生活も経験。カフカ論で博士号をとった後、1950年代初めから作家活動に入る。“47年グループ”に認められ、シュトゥットガルトでのラジオ・テレビのプロデューサーを経て、’57年以降創作に専念。カフカやブレヒトを批判的に継承し、寓意劇手法などを用いながら現代社会を批判する作品を発表。小説・戯曲・評論などで多産な仕事ぶりを示し、ゲオルク・ビュヒナー賞、シラー賞ほか多くの文学賞を受け、現代ドイツの代表的作家となる。“47年グループ”の常連の一人で、社会批判や政治的関心が強く、社会民主党支持の選挙運動や反戦運動にも積極的に参加。また、労働者作家への支援や、不遇な作家の発掘、紹介にも尽力している。小説には3部作「ハーフタイム」(’60年)「一角獣」(’66年)「転落」(’73年)の他、「愛の彼岸」(’76年)、「逃亡する馬」(’78年)、「白鳥の家」(’80年)、「波濤」(’85年)、「狩り」(’88年)など、戯曲に「樫の木とアンゴラ兎」(’62年)、「黒いスワン」(’64年)、「室内の戦い」(’67年)、「ゲーテの手中に」(’82年)など。

受賞
47年グループ賞〔1955年〕;ヘルマン・ヘッセ賞〔1957年〕「フィリップスブルクの結婚」;ハウプトマン賞〔1962年〕;シラー賞〔1980年〕;ゲオルク・ビュヒナー賞「自己意識とイロニー」;ドイツ書籍出版販売取引所組合平和賞〔1998年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android