コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレルバ マレルバ Malerba, Luigi

2件 の用語解説(マレルバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレルバ
マレルバ
Malerba, Luigi

[生]1927. ベルチェート
イタリアの小説家。ザバッティーニモラビアらとシナリオ制作に従事しながら,ボルヘスの影響を受けて前衛的な小説を発表。新前衛派の一人。主著『蛇』 Il serpente (1966) ,『宙返り』 Salto mortale (68) ,『主人公』 Il protagonista (73) ,『夢日記』 Diario di un sognatore (81) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレルバ
まれるば
Luigi Malerba
(1927― )

イタリアの作家。長く農業に携わる。映画、テレビの脚本を書きながら1963年に短編集『アルファベットの発見』でデビュー、次作の『蛇』(1966)以後、『とんぼ返り』(1968。70年度メディシス賞)、『皇帝の薔薇(ばら)』(1974)を経て『夢見る人の日記』(1981)、『銀の頭』(1988)、『ギリシア火薬』(1990)まで、苦笑を誘うナンセンスと諧謔(かいぎゃく)に満ち満ちた、前衛的な小説世界を展開し、イタリア現代文学を牽引(けんいん)し続ける。児童文学の分野でも、「ミッレモスケ」シリーズなど奇妙な味の秀作が多い。[古賀弘人]
『千種堅訳『皇帝のバラ』(1976・出帆社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マレルバの関連キーワードドルチェナショナルチェーンスティープルチェースコールチェーンアルチェステカフェ チェントペルチェントドルチェビータドルチェビータ・ウェイローカル・チェーンベルチェーニ M.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone