コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガン乾電池 マンガンかんでんちmanganese dry cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガン乾電池
マンガンかんでんち
manganese dry cell

懐中電灯,ラジオ,その他に広く使われている乾電池。定格電圧は 1.5V。 1866年頃にジョルジュ・ルクランシェが発明したので,ルクランシェ電池とも呼ばれる。炭素棒を陽極とし,これを二酸化マンガンを主とした合剤で包み,陰極として亜鉛缶を用いる。電解質溶液には塩化アンモニウムと塩化亜鉛の混合水溶液を用い,紙,綿,デンプンなどで糊状にして液体がこぼれない構造にしている。電解質溶液に水酸化カリウムを用いるアルカリマンガン乾電池へと進化している。 (→電池 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンガンかんでんち【マンガン乾電池 carbon‐zinc cell(battery)】

現在最も広く利用されている一次電池。陽極活物質は二酸化マンガンMnO2,陰極活物質は亜鉛Zn,電解液は塩化亜鉛ZnCl2,塩化アンモニウムNH4Clの水溶液である。液にはデンプンなどを加えて糊状とし漏液しないようにしてあることから乾電池の名がある。起電反応は, 陰極 Zn+2NH4Cl     ―→[Zn(NH3)2]2++2H+2Cl+2e 陽極 MnO2+H+e―→MnO(OH)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マンガンかんでんち【マンガン乾電池】

正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いた電池。最も一般的な乾電池。 → 乾電池

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マンガン乾電池の関連キーワードアルカリ乾電池リチウム電池積層乾電池空気電池電解液減極剤

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android