コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンギャン Manguin, Henri Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンギャン
Manguin, Henri Charles

[生]1874.3.23. パリ
[没]1943.12.25. サントロペ
フランスの画家。 G.モローに師事し,新印象主義を経てフォービスムに参加,激しい鮮かな色彩で知られた。 1920年以降しばしば南フランスのサントロペに滞在。主要作品『傘をもつ女』 (1906,パリ国立近代美術館) ,『サントロペ湾』 (08,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンギャン
まんぎゃん
Henri Charles Manguin
(1874―1942)

フランスの画家。パリ生まれ。1894~98年パリのエコール・デ・ボザールに学び、マチスやマルケらとともにギュスタブ・モローの教室に入った。初めはシニャックやスーラの点描法に影響を受け、強烈な色彩効果を好んで、マチスらのフォービスムの運動に参加した。第一次世界大戦中の1915~18年にスイスに避難して制作を続けたほかは、1907年から南フランスのサン・トロペに住み、ルスタレ荘とよばれる広大な邸宅を入手し、同地に没した。07年にはマルケとともにイタリアに旅行し、その地の明るく澄んだ光に影響を受ける。その華やかで激しい色彩感覚は、フォービスムのなかでもマチスと並ぶものである。[染谷 滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マンギャンの関連キーワードフィリピンの戦没者遺骨問題インドネシア諸言語シャルル カモワンミンドロ[島]マンギャン族ミンドロ島3月23日染谷

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android