コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンギャン マンギャン Manguin, Henri Charles

2件 の用語解説(マンギャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンギャン
マンギャン
Manguin, Henri Charles

[生]1874.3.23. パリ
[没]1943.12.25. サントロペ
フランスの画家。 G.モローに師事し,新印象主義を経てフォービスムに参加,激しい鮮かな色彩で知られた。 1920年以降しばしば南フランスのサントロペに滞在。主要作品『傘をもつ女』 (1906,パリ国立近代美術館) ,『サントロペ湾』 (08,同) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンギャン
まんぎゃん
Henri Charles Manguin
(1874―1942)

フランスの画家。パリ生まれ。1894~98年パリのエコール・デ・ボザールに学び、マチスマルケらとともにギュスタブ・モローの教室に入った。初めはシニャックスーラの点描法に影響を受け、強烈な色彩効果を好んで、マチスらのフォービスムの運動に参加した。第一次世界大戦中の1915~18年にスイスに避難して制作を続けたほかは、1907年から南フランスのサン・トロペに住み、ルスタレ荘とよばれる広大な邸宅を入手し、同地に没した。07年にはマルケとともにイタリアに旅行し、その地の明るく澄んだ光に影響を受ける。その華やかで激しい色彩感覚は、フォービスムのなかでもマチスと並ぶものである。[染谷 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンギャンの関連キーワード伊達孝子エヌパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数ヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンギャンの関連情報