コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンナイ Mannai

世界大百科事典 第2版の解説

マンナイ【Mannai】

前1千年紀前半,古代のアゼルバイジャンに最初の国家を建設した民族。前829年,アッシリアの遠征記録に初めて言及される。その後ウラルトゥの攻撃を繰り返し受けたが,抵抗を続けるなかで前8世紀に統一王国を実現し,前715年にはアッシリアのサルゴン2世と協力してウラルトゥを撃退した。首都イジルトゥIzirtuはウルミエ(レザーイエ)湖の南方にあり,南アゼルバイジャンのほぼ全域を支配した。よく灌漑されたザーグロスの山間河谷とウルミエ湖平野は,穀物とブドウの栽培,馬の飼育に適し,金属工芸の発達がみられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マンナイの関連キーワードハイシー(海西)モンゴル(蒙古)族チベット(蔵)族自治州ツァイダム(柴達木)油田アッシュール・バニパルアッシュールバニパルチャイダム盆地ハッサンル遺跡ペルシア帝国キャクサレスペルシア美術青海(省)ジビエ遺跡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンナイの関連情報