コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンナン・ヤーザウィン Hmannan Yazawin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンナン・ヤーザウィン
Hmannan Yazawin

ビルマ,コンバウン朝バジドー王 (在位 1819~37) の命により編纂された年代記。 1829~32年に修史官 13名が編纂作業をした宮殿名を取り,『玻璃宮大年代記』とも呼ばれる。 57~85年初版の4~5巻本に続き,3巻本,6巻本が世に出た。内容は,碑文,年代記,仏寺縁起,史詩などから集録した仏教説話,諸王物語および古代からタウングー朝にいたる歴史を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンナン・ヤーザウィン
まんなんやーざうぃん
Hmannan Yazawin

ビルマ(現ミャンマー)の欽定(きんてい)年代記。正式な名は『マンナン・マハー・ヤーザウィン・ドー・ジー』Hmannan Maha Yazawin Daw Gyi(玻璃(はり)宮大御年代記)。コンバウン朝第6代のバジードーBagyidaw王(在位1819~37)の命により、1829年編纂(へんさん)が開始され、32年に完成。首都アバのマンナンで編纂されたのが名称の由来である。宇宙開闢(かいびゃく)、仏教伝説から始まり、釈迦(しゃか)族による上ビルマのタガウン建国や1821年までのビルマ諸王朝に関する記述がある。従来の年代記、地方史(タマイン)などの異同を検討し、標準年代記としての意味をもつ。またこの書では、ビルマ人を神聖化するため、タガウン建国説話が初めて完全な形に構成された。[伊東利勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マンナン・ヤーザウィンの関連キーワードビルマ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android