コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサイル療法 ミサイルりょうほうmissile therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサイル療法
ミサイルりょうほう
missile therapy

治療法の一つで,病巣部へ特異的に集まる特質をもった物質に薬剤を乗せることから,兵器になぞらえてこう呼ばれる。おもに癌の治療法として研究される。薬剤が病巣部に多く集まるほか,他の部位への影響が少ないため,より強力な薬剤を使用できる利点がある。近年,マイクロカプセルリポソーム,リピオドール,エマルジョンなどで抗癌剤を覆い,癌の病巣内に多く取り込ませようとする方法がとられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミサイル‐りょうほう〔‐レウハフ〕【ミサイル療法】

抗体に制癌(せいがん)剤を結合させ、目標の癌細胞だけを選択的に破壊する治療法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ミサイルりょうほう【ミサイル療法】

悪性腫瘍しゆようや炎症部位など、目的の組織や細胞に対するモノクローナル抗体を用い、薬物を、目標に対して選択的に到達させる治療法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ミサイル療法の関連キーワードモノクローナル抗体・モノクロナル抗体モノクローナル抗体薬物伝送システムがんの免疫療法脳悪性腫瘍悪性腫瘍

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android