コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチシバ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミチシバ
みちしば / 道芝
[学]Melica onoei Fr. et Sav.

イネ科の多年草。(かん)は高さ1~1.5メートル、ざらつき、節は十数個に達する。葉は幅0.4~1センチメートル。8~9月、稈の先端に大形の円錐(えんすい)花序をつける。分枝は多くて細く、やや輪生状になる。小穂は狭披針(きょうひしん)形で長さ0.7~1センチメートル。護穎(ごえい)は披針形で長さ4~6ミリメートル、先は丸い。山地の疎林内に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、道端に生えるシバの意味である。また、花穂の形が線香花火を思わせるので、ハナビガヤともいう。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミチシバの言及

【カゼクサ】より

…空地や土手に生えるイネ科の雑草で,道端によく見られるからミチシバともいう(イラスト)。風草の名は漢名の知風草に由来するという。…

※「ミチシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android