ミトラ教(読み)ミトラきょう(英語表記)Mithraism

翻訳|Mithraism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトラ教
ミトラきょう
Mithraism

ペルシアの神ミトラを信奉する密儀宗教キリスト教が広まる以前のローマ帝国で最も盛んとなり,キリスト教に対抗した主要な宗教。1世紀後半おもに軍人によってもたらされ,下層階級の人々を中心に栄えた。ローマ帝国にもたらされたときには,すでに内容的に多くの変化をとげており,事実上は創建された新宗教ともいえる。宇宙起源の問題と終末論において,ローマ民衆をひきつけ,マルクス・アウレリウス帝,ディオクレチアヌス帝により擁護されたが,392年テオドシウス1世が,キリスト教を国教に定めたのち,その勢力は急速に衰えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ミトラきょう【ミトラ教】

ミトラを主神とする古代ペルシャの宗教。紀元前三世紀頃のペルシャで信仰され、小アジア・ローマ帝国に伝わり盛行。一時キリスト教勢力に匹敵するほどだったが、四世紀のミラノ勅令以後衰えた。ミトラス教。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android