コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドリヒモムシ(緑紐虫) ミドリヒモムシLineus fuscoviridis

1件 の用語解説(ミドリヒモムシ(緑紐虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミドリヒモムシ【ミドリヒモムシ(緑紐虫) Lineus fuscoviridis】

無針綱リネウス科の紐形動物イラスト)。体の背面が緑色なことからこの名がある。本州中部以南に分布し,潮間帯の砂泥中にすむ。大きな個体では体長80cm,幅1cmになる。背面は緑色で斑紋はなく,腹面は淡色。頭部はへら状で扁平,前縁の中央部がややくぼんでいる。多くの眼点が頭横溝の内部と頭端との背縁に散在する。頭端腹面には吻(ふん)を外に突出する吻道口があり,その後方に大きい口が開いている。頭部と頸部(けいぶ)との区別ははっきりしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone