コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドリヒモムシ(緑紐虫) ミドリヒモムシ Lineus fuscoviridis

1件 の用語解説(ミドリヒモムシ(緑紐虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミドリヒモムシ【ミドリヒモムシ(緑紐虫) Lineus fuscoviridis】

無針綱リネウス科の紐形動物イラスト)。体の背面が緑色なことからこの名がある。本州中部以南に分布し,潮間帯の砂泥中にすむ。大きな個体では体長80cm,幅1cmになる。背面は緑色で斑紋はなく,腹面は淡色。頭部はへら状で扁平,前縁の中央部がややくぼんでいる。多くの眼点が頭横溝の内部と頭端との背縁に散在する。頭端腹面には吻(ふん)を外に突出する吻道口があり,その後方に大きい口が開いている。頭部と頸部(けいぶ)との区別ははっきりしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミドリヒモムシ(緑紐虫)の関連キーワードイラストレーター縮小条虫テラスハウス紐形動物イラストイラストマップ線形動物嘴太鴉プネウマ輪形動物

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone