コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマウスユキソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマウスユキソウ
みやまうすゆきそう / 深山薄雪草
[学]Leontopodium fauriei Hand.-Mazz.

キク科の多年草。ヒナウスユキソウともいう。花茎は高さ5~15センチメートル、全体が灰白色の綿毛で覆われる。葉は2~5枚つき、線状倒披針(とうひしん)形で長さ1.5~2センチメートル、幅1~2ミリメートル。頭花は黄色で4~10個密生し、周辺に大小不同の包葉が8~10枚あり、全体が星形になる。本州北部の高山帯を中心に分布する。種名は、1888年(明治21)フランス人宣教師フォーリーが鳥海(ちょうかい)山で採集したことに由来する。本種の仲間はヒマラヤを中心に約50種分布する。変種ホソバヒナウスユキソウvar. angustifolium Hara et Kitam.は群馬県至仏(しぶつ)山、谷川岳、朝日岳の蛇紋岩帯に特産する。ほかにエゾウスユキソウ、ヒメウスユキソウ、ハヤチネウスユキソウ、ウスユキソウなどがある。アルプスの名花として有名なエーデルワイス(セイヨウウスユキソウ)Edelweiss(ドイツ語)/L. alpinum Cass.も同じ仲間で、高さ5~20センチメートル。全体密な白綿毛に覆われ、数個の頭状花を取り囲む包葉片が整形の星形となり、美しい。種々の山岳関係のシンボルとして、デザインされることが多い。[冨樫 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤマウスユキソウの言及

【ウスユキソウ】より

…日本産のものでは,岩手県早池峰山と北海道大平山で見られるハヤチネウスユキソウL.hayachinense (Takeda) Hara et Kitam.がエーデルワイスに最もよく似ている。また,ミヤマウスユキソウL.fauriei (Beauv.) Hand.‐Mazz.やヒメウスユキソウL.shinanense Kitam.も全草の大きさや茎葉の形などに違いはあっても,基本的なつくりの点では同様である。 これに対してウスユキソウL.japonicum Miq.(英名Japanese edelweiss)(イラスト)では,茎葉の発達は良いが,根出葉は悪く花期には枯死してしまう。…

※「ミヤマウスユキソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android