ミヤマコゴメグサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマコゴメグサ
みやまこごめぐさ / 深山小米草
[学]Euphrasia insignis Wettst.

ゴマノハグサ科の半寄生の一年草。近縁種のタチコゴメグサに似るが、花は長さ8~9ミリメートルと大きく、萼(がく)は広鐘形で裂片は三角状披針(ひしん)形なので区別できる。高山の草地に生え、北アルプスから白山(はくさん)(富山県内)に分布する。種類としては本州から九州に広く分布し、ホソバコゴメグサ、イズコゴメグサ、イブキコゴメグサ、トサコゴメグサ、キュウシュウコゴメグサなど、多くの変種がある。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤマコゴメグサの言及

【コゴメグサ(小米草)】より

…日本のコゴメグサ属全体の総称であろうと思う。 日本のコゴメグサ属でよく見られるのは,ミヤマコゴメグサ類とタチコゴメグサ類である。前者は萼が鐘形で,花は比較的大きく,長さ8~9mmある。…

※「ミヤマコゴメグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android