コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラー図法 ミラーずほう Miller's projections

2件 の用語解説(ミラー図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミラー図法
ミラーずほう
Miller's projections

アメリカの O.ミラーが考案した3種の地図投影法をいう。 (1) 狭義のミラー図法で,1942年に発表した国務省製の世界図に用いた。メルカトル図法の世界図では両極地方が表わされないことを改良するために,漸長率の公式に任意定数 m=4/5を挿入した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミラー図法
みらーずほう
Miller's projections

地図投影の一種。アメリカのミラーOsborn Maitland Miller(1897―1979)が考案した3種の図法の総称。一般に、1942年に国務省から刊行された世界全図に用いられた変更メルカトル図法をさす。これはメルカトル図法と類似の形であるが両極は表示されるようになっている。ただし正角図法ではなく、航程線(地球上で方位が一定の線)も直線に表されない。ほかの2種は、アフリカ全図用に横軸平射図法を変形した長楕円(ちょうだえん)平射図法、アメリカ両大陸を1図に収める双極斜軸正角円錐(えんすい)図法である。ここで前者は投影軸が地軸に直交する横軸平射図法の縦軸方向と横軸方向の寸法比を1対1から変形し、縦長の長楕円形としたものである。後者は北アメリカと南アメリカをそれぞれ別の斜軸正角円錐図法(投影軸が地軸に斜交する)で作図し、中央アメリカで接続するように作図したものである。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラー図法の関連キーワードアメリカの声ロッキングチェアアメリカ杉アメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影アメリカを斬る

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone