コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルキング(英語表記)milking

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミルキング
milking

寿命の長い放射性の親核から崩壊の結果生ずる寿命の短い娘核を繰り返し得る方法。親核を含有する物質を保存すると,常に娘核がその中に生成されてくる。親核と娘核とは元素の種類が異なるから化学的性質の違いを利用しイオン交換樹脂などを用いて分離,娘核を採取することができる。乳牛からの搾乳になぞらえてミルキングという。医薬品としてしばしば用いられるテクネシウム 99はモリブデン 99のミルキングで得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のミルキングの言及

【放射平衡】より

… 放射平衡において親核種から娘核種を分離し,これを放置すれば再び一定量の娘核種が生成するので,繰返し娘核種の分離を行うことができる。この方法を,牛から牛乳をしぼることとの類似からミルキングと呼ぶ。 放射平衡は,その状態にある一方の核種の放射測定から他方の存在量を知ることができるので,しばしば分析に利用される。…

※「ミルキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android