コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンダウガス Mindaugas; Mindowe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンダウガス
Mindaugas; Mindowe

[生]1200頃
[没]1263
リトアニア王 (在位 1253~63) 。ポーランド名ミンドーウェ。リトアニア国家の創設者。 1236年に国土を統一。さらにモンゴル人と戦って広大なロシア領を併合。 51年キリスト教に改宗,53年ローマ教皇より国王位を授けられた。晩年にドイツ騎士団と戦い,60年キリスト教を捨て,のち内紛によって非業の死をとげた。 J.スウォワツキの長詩によって有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミンダウガス【Mindaugas】

?‐1263
リトアニア大公。在位1236ころ‐63年。諸公が分立していたリトアニアを初めて統一して,北および南西からのドイツ騎士修道会の進出を防御し,リトアニア大公国をつくった。ドイツ騎士修道会の一派であるリボニア騎士団を北方に討つ一方,国土の保全を図るため,一時的にキリスト教に改宗し,ローマ教皇インノケンティウス5世からリトアニア王の称号を得た。ミンダウガスはリトアニア史上の唯一の王となったが,その代償としてリトアニア西部,いわゆるジェマイチア地方の一部を騎士修道会に割譲せねばならなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミンダウガスの言及

【リトアニア】より

…この地方は,古代のローマ人に〈コハク海岸〉として知られたが,地中海文明は波及せず,キリスト教化もヨーロッパで最も遅れた。13世紀に北のリボニアと西のプロイセンがドイツ騎士修道会に征服されたが,早くに戦士群をもっていたリトアニア人は1236年の戦いでドイツ人の進出をくい止め,大公ミンダウガス(在位1236ころ‐63)がベラルーシの一部も含めて最初の統一を実現した。彼は一時キリスト教を受け入れたが,のち異教に復した。…

※「ミンダウガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミンダウガスの関連キーワードインド哲学デンマーク文学度量衡ジンバブエ(国)宋の時代(年表)WikiLeaksUXGAWUXGA家庭内暴力梶原景高

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android