コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーニュ ミーニュ Migne, Jacques-Paul

3件 の用語解説(ミーニュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーニュ
ミーニュ
Migne, Jacques-Paul

[生]1800.10.25. サンフルール
[没]1875.10.24. パリ
フランスカトリック司祭,神学書の出版者。 1824年オルレアンで司祭となり,33年パリに出て,36年出版社 Ateliers catholiquesを創立,多くの宗教書を出版。特に『教父全集』 Patrologiae cursus completus (ギリシア部門 161巻,ラテン部門 221巻) は有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミーニュ【Jacques Paul Migne】

1800‐75
フランスの教父学者。オルレアン地方の出身。司祭になった後,パリに出てジャーナリズムの世界に入り,新聞や膨大な《キリスト教全書》2000巻の発行を企画する。1844‐67年,《ミーニュ教父全集》(ラテン教父221巻,ギリシア教父242巻)を発行,以後より厳密な批判版に場所をゆずりつつあるとはいえ,今日なお神学や教会史の研究にとって不可欠な原典資料である。【稲垣 良典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミーニュ
みーにゅ
Jacques Paul Migne
(1800―1875)

フランスのカトリックの神学者、教父集編集刊行者。最初オルレアン付近で司祭の職にあったが(1824~33)、パリに出て新聞『世界』L'Univers(1833.11創刊)を発行して7月王政の自由主義に対する弾圧と戦った。彼は商才と学識ある友人に恵まれ、次々に、しかも膨大な教会関係の史料や文献を刊行した。17、18世紀の『聖書注解』25巻(1838~40)、16世紀から19世紀までの『神学論文叢書(そうしょ)』28巻(1839~45)、テルトゥリアヌスからウィーズマンに至る『最重要護教論集』16巻(1842~43)、神学全書52巻(1844~52)などがあり、『ラテン教父集』217巻(1844~55)と『ギリシア教父集』161巻(1857~66)はいまなお珍重されている。[今野國雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミーニュの関連キーワードカンフル注射インフルドラゴンフルーツパンフルートビリャサンフルホええねん フルーツオレ森永 具だくさんフルーツとヨーグルトサンフェスタ グレープフルーツ100パッションフルーツラガービタミンフルーツ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミーニュの関連情報