コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカゴソウ Herminium lanceum J.Vuijk

世界大百科事典 第2版の解説

ムカゴソウ【Herminium lanceum J.Vuijk】

草地に広く生育する小型の地生ラン(イラスト)。塊根は類球形。和名は塊根をむかご(珠芽)に見立てたもの。花茎は高さ20~40cm,中央付近に葉を2~5枚,互生する。下部の葉は大きく,線状披針形,長さ10~15cm。上部の葉はしだいに小さくなる。7~8月,黄緑色の花を密に多数つける。花は小さく,径2~3mm,目だたない。唇弁だけが比較的大きく,下垂し,長さ約8mm,3裂して側裂片が長く伸長して距はなく,基部が少しへこむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカゴソウ
むかごそう / 零余子草
[学]Herminium lanceum (Thunb.) J. Vuijde var. longicrure (Wright) Hara

ラン科の多年草。塊根は球状に肥厚する。花茎は高さ20~40センチメートル、葉を3~5枚互生する。最下部の葉はもっとも大きく、線形で長さ10~15センチメートル。7~8月、黄緑色で径3ミリメートル弱の花を十数個開く。唇弁は垂れ下がり、長さ約8ミリメートル。側裂片は長く、距(きょ)はない。北海道南部から九州の温帯の草原に生え、種としては東アジアの熱帯から温帯に分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムカゴソウの関連キーワード長葉零余子草赤沼蘭井上温帯