コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシャリンドウ dragonhead

2件 の用語解説(ムシャリンドウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムシャリンドウ【dragonhead】

日当りのよい山の草地に生えるシソ科の多年草イラスト)。茎は直立して高さ20~50cm,下向きの細毛がある。葉は対生し,広線形で長さ2~6cm,多くは葉腋(ようえき)に数枚の小型の葉をつけた短い枝がある。花は6~7月ころ,茎の頂端に短い花穂を作って開き,青紫色,2唇形で長さ3~3.5cm。萼は筒状で15脈があり,やや2唇形となる。おしべは4本あって中2本は長く,葯には毛がある。本州の中部地方以北,北海道,朝鮮,中国北部,東シベリアに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムシャリンドウ
むしゃりんどう
[学]Dracocephalum argunense Fisch.

シソ科の多年草。茎は四角形で、高さ20~50センチメートル。葉は対生し、線形で長さ2~4センチメートル、厚くて表面は光沢がある。6~7月、茎の先に紫色花を数個開く。花冠は筒状で先は唇形、長さ3~4センチメートル。山の草地に生え、中部地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島、中国北部、シベリアに分布する。名は、滋賀県武佐(むさ)(近江八幡(おうみはちまん)市)で発見されたので武佐竜胆(りんどう)の意であるとする説があるが、分布域はより北であり、これは疑わしい。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムシャリンドウの関連キーワード秋の麒麟草敦盛草歌仙草雀の稗唐飛廉山紫蘇犬磚子苗大油薄菊薊白根人参

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムシャリンドウの関連情報