コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムソ

世界大百科事典 第2版の解説

ムソ【Musso】

1897‐1948
インドネシアの革命家。東部ジャワのクディリ生れ。バタビア(現,ジャカルタ)師範学校卒業後,イスラム同盟指導者チョクロアミノトに師事,活動家となった。B支部事件(1919)で投獄され,釈放後インドネシア共産党に入党した。1926年の共産党武装蜂起では国外にあって強硬路線を進め,タン・マラカらの蜂起反対派と対立した。その後モスクワに渡りコミンテルンで活動,30年代半ば,武装蜂起後壊滅状態にあった共産党の再建を工作したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ムソ
Musso


1897 - 1948.9
インドネシアの革命家。
東部ジャワのクディリ生まれ。
イスラム同盟指導者チョクロアミノトに師事して、活動家となった。1930年代半ば、武装蜂起後壊滅状態にあった共産党の再建を工作し、’48年新共産党を組織し、広範な統一戦線を通じた民族政府の樹立を唱えた。’48年マディウン事件で共和国政府の転覆を謀ったとされ射殺された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ムソの関連キーワードトンプソン(Francis Thompson)トンプソン(William Thompson)トンプソン(Stith Thompson)トムソン・ロイター・マーケッツジュール‐ケルヴィン効果トムソンの規則(蒸気圧)コムソモリスクナアムーレナムコアンソロジー1ストールスタイネン山ナムコアンソロジー2デイヴィド タムソンアイスクリームソーダA. シャリフディンケルヴィン毛管凝縮式サムソンとデリラリンデのサイクルソーダフロートコムソモリスクウイリアムソンケルヴィン効果

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android