コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキケマン(紫華鬘) ムラサキケマンCorydalis incisa; corydalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキケマン(紫華鬘)
ムラサキケマン
Corydalis incisa; corydalis

ケシ科の越年草。ヤブケマンともいう。日本および中国の温帯から暖帯に分布し,山麓や路傍に普通にみられる。全株無毛で,地下茎は小型の多肉質で地中に横たわる。茎は直立し稜がある。葉は2~3回羽状に裂け,終裂片は楔形で深い欠刻があり軟らかい。晩春から初夏に,20~30cmの茎の頂部に多数の紅紫色の花を総状につける。包葉は楔形で縁は切れ込む。花冠は筒状唇形で距がある。果実は長楕円形の 蒴果で,熟すると果皮がまくれて黒色で光沢のある種子を多数出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android