ムラサキヤシオツツジ(読み)むらさきやしおつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキヤシオツツジ
むらさきやしおつつじ / 紫八塩躑躅
[学]Rhododendron albrechtii Maxim.

ツツジ科の落葉低木。奥深い山に生えるのでミヤマツツジともいう。高さ1~2.5メートル。若枝には腺毛(せんもう)がある。葉は枝先に輪生状に互生し、倒卵形で長さ5~10センチメートル、表面に短い硬毛がある。5~6月、葉に先だって、枝先に明るい濃紅紫色花を3~6個開く。花冠は5裂し、径3~4センチメートル、花柄に腺毛がある。雄しべは10本。深山に生え、滋賀県以北の本州、北海道に分布する。名は、花色を、紫色の染料に数回浸(つ)けてよく染め上げたものに例えたもの。平地での栽培はややむずかしい。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android