メカノケミストリー

化学辞典 第2版の解説

メカノケミストリー
メカノケミストリー
mechanochemistry

固体物質に加えた機械的エネルギー,たとえばせん断,圧縮,衝撃,粉砕,曲げ,延伸などにより固体表面が物理化学的性質の変化をきたし,その周囲に存在する気体や液体物質に化学的変化をもたらすか,あるいはそれらと固体表面との直接反応を誘起または促進するなど,化学的状態に変化を及ぼす現象を対象とする化学.乳鉢中で銅粉末と硫黄を圧縮混合すると容易に硫化銅が生成する.関連することがらとして,酸化,還元,分解,重合,腐食,触媒活性,潤滑,摩耗,吸着,ぬれ,焼結,金属・非金属の機械的性質などがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android