コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガフロート メガフロート mega-float

3件 の用語解説(メガフロートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガフロート
メガフロート
mega-float

鋼鉄でできた箱型の浮体ユニットつなぎ合せた超大型浮体式海洋構造物。従来の埋立て方式や桟橋方式に代る新しい海洋空間利用方式として,日本でも 1995年,造船・鉄鋼 17社がメガフロート技術研究組合を設立し,96年には第1号モデルが完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

メガフロート

造船技術を利用した人工の浮島。正式名称は超大型浮体式海洋構造物。巨大な鉄板のような外観だが、造船所で建造した船殻構造の大きな板(ユニット)を海上でつなぎ合わせ、さらに係留施設につなぎ留めることで造られる。海上空港や石油などの備蓄基地、海上物流基地、テーマパークなどへの応用が考えられている。用地取得の必要がなく、地震に強く、さらに埋め立てや桟橋構造の海上施設に比べて短い工期で構築できることが利点。また、不要になった場合、分解して資材置き場などへの再利用が可能。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メガ‐フロート

《〈和〉mega+float》超大型浮体式海洋構造物。海上で、鋼鉄製の浮体ユニットを接合して造る、長さ数キロ、広さ数百ヘクタール耐用年数100年以上の人工地盤。環境への影響が少なく、コスト・工期的にも有利な海洋空間の高度利用法として可能性が注目されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メガフロートの関連キーワードWeb-EDIWBT長崎造船所核爆弾新型転換炉ふげん発電所ダーツライブカード上田寅吉小山吉郎田原直助山口泉吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メガフロートの関連情報