メガフロート(英語表記)mega-float

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガフロート
mega-float

鋼鉄でできた箱型の浮体ユニットをつなぎ合せた超大型浮体式海洋構造物。従来の埋立て方式や桟橋方式に代る新しい海洋空間利用方式として,日本でも 1995年,造船・鉄鋼 17社がメガフロート技術研究組合を設立し,96年には第1号モデルが完成した。これは長さ 100m,幅 20m,高さ 2mの浮体ユニット (ポンツーン) を9個つないだもので,神奈川県横須賀沖に浮かべられ,ヘリコプタの発着実験にも成功した。沖縄・普天間基地のヘリポート代替施設としてもメガフロートによる海上ヘリポート案が出ている。同構想では,アメリカは移動式のメガフロートを建設するよう求めているのに対し,日本側は建設コストと技術的な点から固定式を求め,協議が続けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メガ‐フロート

《〈〉mega+float》超大型浮体式海洋構造物。海上で、鋼鉄製の浮体ユニットを接合して造る、長さ数キロ、広さ数百ヘクタール、耐用年数100年以上の人工地盤。環境への影響が少なく、コスト・工期的にも有利な海洋空間の高度利用法として可能性が注目されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

メガフロート

造船技術を利用した人工浮島。正式名称は超大型浮体式海洋構造物。巨大な鉄板のような外観だが、造船所で建造した船殻構造の大きな板(ユニット)を海上でつなぎ合わせ、さらに係留施設につなぎ留めることで造られる。海上空港石油などの備蓄基地、海上物流基地、テーマパークなどへの応用が考えられている。用地取得の必要がなく、地震に強く、さらに埋め立てや桟橋構造の海上施設に比べて短い工期で構築できることが利点。また、不要になった場合、分解して資材置き場などへの再利用が可能。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android