コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メジロホオズキ メジロホオズキ Solanum biflorum

2件 の用語解説(メジロホオズキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メジロホオズキ
メジロホオズキ
Solanum biflorum

ナス科の多年草で,東南アジアから南太平洋にかけて旧大陸の熱帯地方に広い分布をもち,海岸近くに生える。日本では西日本南西諸島に普通にみられる。茎はよく分枝して高さ 60~90cmになり,下部は木質化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メジロホオズキ
めじろほおずき / 目白酸漿
[学]Solanum biflorum Lour.

ナス科の多年草。茎は高さ0.6~1.5メートル、基部は木質化する。葉は互生し、長楕円(だえん)形または卵形で先はとがり、全縁である。8~10月、葉腋(ようえき)に白色花を1~3個下向きに開く。花冠は深く五裂し、萼(がく)は深く10裂する。萼裂片は線形。果実は球形で、赤く熟す。沿海地の林縁に生え、本州南西部から九州、および中国、東南アジア、インド、太平洋諸島に広く分布する。果実の頂部に白色の点がつくものがあり、メジロホオズキの名がつけられたが、普通、白点はつかない。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジロホオズキの関連キーワードアジア太平洋協議会東南アジア東南アジア条約機構アジア太平洋戦争高麗芝アジア風邪東南アジア学会ネコノシタムサシアブミトウツルモドキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メジロホオズキの関連情報