メジロホオズキ(英語表記)Solanum biflorum

  • Solanum biflorum Lour.
  • めじろほおずき / 目白酸漿

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナス科の多年草で,東南アジアから南太平洋にかけて旧大陸熱帯地方に広い分布をもち,海岸近くに生える。日本では西日本と南西諸島に普通にみられる。はよく分枝して高さ 60~90cmになり,下部は木質化する。葉は互生し,長さ 10cmぐらいの卵形で長い柄がある。夏から秋に,葉腋から1~2個の白色花を次々とつける。は深く 10裂し,短い花柄とともに褐色の毛におおわれる。花冠は先が浅く5裂する。果実は径 1cmほどの液質の球形で赤く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナス科の多年草。茎は高さ0.6~1.5メートル、基部は木質化する。葉は互生し、長楕円(だえん)形または卵形で先はとがり、全縁である。8~10月、葉腋(ようえき)に白色花を1~3個下向きに開く。花冠は深く五裂し、萼(がく)は深く10裂する。萼裂片は線形。果実は球形で、赤く熟す。沿海地の林縁に生え、本州南西部から九州、および中国、東南アジア、インド、太平洋諸島に広く分布する。果実の頂部に白色の点がつくものがあり、メジロホオズキの名がつけられたが、普通、白点はつかない。

[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android