メチレン

化学辞典 第2版「メチレン」の解説

メチレン
メチレン
methylene

】-CH2-基をいう.エタノールCH3-CH2-OHの-CH2-もその例である.【】CH2:メタンから二つのHが抜けた遊離基で,ケテンCH2CO,シアゾメタンCH2N2光分解で得られる.CH2:の基底状態は一時,H-C-Hの直線型であるといわれたが,直線型ではないことが実験的に示され,理論計算からの予想と一致した.メチレンは炭化水素と次のように反応する.

最後の挿入反応は,CH2がC-D結合に直接入り込むもので,一度CH2D・ラジカルが生じてからこれがCD3CD2・と再結合して生成するわけではない.メチレンとその置換体(CCl2,CBr2など)をカルベンといい,溶液中でもその反応が研究されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「メチレン」の解説

メチレン
methylene

(1) メタンから2個の水素原子を除いた2価の基 -CH2- のこと。 (2) 簡単な炭素遊離基の一つ。 (→カルベン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android