メリケン粉(読み)メリケンコ

とっさの日本語便利帳の解説

メリケン粉

米国から輸入された精製された小麦粉のことで、「American」の「A」が落ちたもの。米国から小麦粉が輸入され始めた当初、日本在来のうどん粉と区別するため用いた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

メリケンこ【メリケン粉】

小麦粉の俗称。石臼いしうすで挽いたうどん粉に対してアメリカから輸入された精製したものをいった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリケン粉
めりけんこ

明治時代に誕生したことばで、アメリカから輸入された小麦粉の呼び名として、アメリカン粉がなまってメリケン粉となったもの。あまり使われなくなったことばだが、すこし前までは小麦粉と同義語のように使われる場合も多かった。色が白く品質がよかったので、国内で製粉した粉(うどん粉とよばれていた)とは別種と考えられたが、その後、この区別が忘れられ、小麦粉の別名のようになった。[長尾精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメリケン粉の言及

【小麦粉】より

…うどんに用いられたためうどん粉といわれていた。これに対して明治の初めからパン用などに輸入されたアメリカ製の小麦粉は近代的な機械製粉であり,色が白く品質も格段によく,うどん粉とは別種のように区別され,メリケン粉と称された。小麦粉の加工適性には,タンパク含量(グルテン)とその質が重要な要素で,各種の小麦粉加工品の種類によって必要とされる小麦粉のタンパク含量が変わってくる。…

※「メリケン粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリケン粉の関連情報